お腹脂肪落とす

1324354545

三日間断食ダイエットのやり方を紹介します

三日間断食を通じてダイエットする

断食と言いけど、突然に絶食するのは体に傷つけたのをもたらす。

そして、一回の小型の断食は3日間、それぞれ「準備の日」、「断食の日」、「回復の日」で、このようには最大の程度に体の負担を軽減することができて、同時に健康でスマートな断食の効果を貰える。

 

三日間断食第1日:準備の日

準備する時、胃腸にゆっくり空けさせます。

意識的に多く水分を摂取します

昼食がとてもいっぱいなくて(8割は良いです)

夕食は半分の重さを減らします

寝る前に3時間、水以外、何でも食べることはできません

三日間断食第2日:断食の日

厳格に断食を行いますが、脱水の症状が現れないように、水は意識的に摂取することができます。

水の外の物は食べないでください

水分は回で少量に摂取します

本当にお腹がすくて、我慢できない時、新鮮な野菜のジュースを飲むことができる

腹が空く時、食栄養が豊富にカロリー低く、さら腹にいっぱいなせるアップルを食べることが出来る。野菜の汁を飲む時、必ず糖分と塩分がないの100%の野菜の汁、自分で製作の新鮮なの方がいいです。

三日間断食第3日:回復の日

これは断食に最も大切な一日。断食の成功するかどうか、回復の日によって決める。

朝食と昼食:かゆ或いはスープ

夕食は油脂以外に、他になんでもいい

毎食はいっぱいが8割になって、食べすぎるのはだめです。

3日の断食に、断食の日より回復の日ほうが重要な原因は断食した後に、内臓は休みの状態があって、平日よりその活動はゆるやかになる。だから、大量の油脂物或いは食物を吸収したら消化不良と胃腸壊すことを引き起こす。

ちょうど物を食べない圧力の中に解放されたので、私達はとても一回食べたいでしょう、3日の努力を浪費しないように、必ず堪えなければなりません。

小型の断食≠ダイエット

「食べないのが痩せる」――たくさん絶食してダイエットしたの人はすべてこのような考えを持っている、実は、1、2日の絶食のは体重に下がることはできないのです。

「小型の断食とダイエットは違い方法、それは健康に内蔵に休みにされて、体を調理すること。

私達の目標は2、3日の断食を通じて余裕な脂肪を減らしじゃなくて、私達の内臓を調整することで、自然に痩せやすい体質の人の眼光はもっと遠く行って、小事ために大事を失ってはいけないでとしっかり覚えておきます。

--------PR---------

ベリー ダンス 衣装 舞姫 ベリーダンス衣装セット

ベリー ダンス 衣装 舞姫 ベリーダンス衣装セット

販売価格(税込): 9,880 円
・オリエンタルダンスがアメリカに渡り、アメリカナイズされたスタイル
・女性の優雅さ、神秘的な部分を強調するオリエンタルスタイルに対して、女性の力強さ、媚びない鋭さを表現します
商品詳細を見る

 

 

 

下腹部ぽっこり解消方法

下腹部ぽっこり解消方法

われわれは長く机を向かって、座っているではありませんか。そのゆえ、体に脂肪が積みやすく、臀部、もものほか、最も致命的なのは下腹のあたりだよ。そのあたりは、たくさんの脂肪があり、ぼっこりとなる。それでは、下腹部ぽっこり解消にはどんな方法があるのか。

 

私はネットで海外の下腹部ぽっこり解消方法を探し、以下のようにまとめてみました。

 

下腹部ぽっこり解消方法

下腹部ぽっこり解消方法

 

まず、運動が第一の下腹部ぽっこり解消方法だというまでもない。

 

下腹部ぽっこり解消運動というと、階段に昇るのは一番だ。

 

そして、椅子に長く座わなければならないとき、上半身がまっすぐに維持し、骨盤が後ろへ移し、上半身がまっすぐに維持し、骨盤が後ろへ移し、そしてゆっくりとお尻を上へ上げ、緊張状態に至ると、また戻る。こうやって繰り返す。

 

次に、正しい姿勢で座るのも下腹部ぽっこり解消方法になる

 

座る姿勢を注意しなければなりません。要するに、端正な姿勢ですわることだ。

 

その三、下腹部ぽっこり解消するには、適時に排便すること

 

排便したい時に排便することだ。排便したい時、無理やりに我慢してしまったら、下腹が膨れやすく、直腸粘膜が鈍くなる。そのきっかけで、下腹部ぽっこりを形成する。

 

また、朝に起きた後、冷たい飲み物を飲んで、或は野菜をたくさん食べ、胃腸を蠕動させ、排便を促するようにする。

 

下腹部ぽっこり解消方法

 

その四、腹式呼吸法で下腹部のぽっこりを解消する

 

腹式呼吸の方法とは、息を吸う時、腹が膨み.息を吐くときは詰める方法だ。これで胃腸蠕動の刺激を働きかけ、下腹部ぼっこり解消に助かる。

 

その五、下腹部を締めること。

 

普段に歩くや立つ時、腹を常に締めることと覚え、更に腹式呼吸を配合する。

 

下腹部ぽっこり解消には、上記の方法で長い期間内に堅持すれば、その効果が現れる。短期間には、どの方法でも下腹部ぽっこりを解消できないといえる。